介護業界で働くと言えば、介護職員(介護士・ヘルパー)が思い浮かびますが、実際は様々な職種の方で成り立っています。
もちろん、メインとなるのは実際に利用者に接する時間が長い、介護福祉士や介護職員初任者研修といった資格を持った、介護職員になります。
更に、看護師(ナース、Ns)も欠かせない存在です。
全ての介護施設にいるわけではないですが、リハビリを行う理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、老健(介護老人保健施設)で働く医師(ドクター、Dr)、在宅で働く事の多い薬剤師歯科医師なども活躍しています。
介護保険サービスを利用する為に必要なケアプランを作る、ケアマネ(ケアマネジャー・介護支援専門員)は必ず接する存在でしょう。
また、介護施設では掃除や洗濯などを行う生活支援スタッフ、食事を作る調理員(厨房)のスタッフもいます。


もくじ


介護業界の様々な職種

介護業界でメインで働くとなれば、介護職員(介護士・ヘルパー)です。
実際に入居者と関わる事が多く、排泄介助や入浴介助などを行います。

その他、健康管理や、簡単な医療処置を行う看護師(ナース・Ns)も、比較的入居者と接する事が多くなるでしょう。

リハビリを行う理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)は、老健(介護老人保健施設)などのリハビリを目的とした介護施設や、訪問リハビリなどで活躍しています。
有料老人ホームなどでは、あまり見る事はないかもしれません。

また、医師(ドクター・Dr)には病院というイメージがありますが、老健には医師の配置義務があったり、介護保険が適用される居宅療養管理があるので、そこでも活躍出来ます。

薬剤師歯科医師などは、自宅や介護施設へ訪問し、服薬管理や口腔ケアなどを行っています。

介護保険サービスを利用する為に必ず必要になるケアプランを作成する、ケアマネ(ケアマネジャー・介護支援専門員)も必ず必要です。
介護施設で働く場合と、在宅で働く場合があり、高齢者の家族とも関わる機会がとても多いです。

その他にも、サービス提供責任者生活相談員、介護施設では生活支援スタッフ調理(厨房)スタッフなども欠かせない存在になっています。

詳しくは、介護業界の様々な職種

介護業界で働くならお勧めの求人サイトはこちらから。
介護職の転職におすすめの求人サイト!

働く為に必要な資格

介護が必要な方に直接介護を行う介護職員は、一応資格は必要ありません
介護施設なら、未経験OKという求人が出ている事も多いです。
しかし、入職後に基礎的な資格である、介護職員初任者研修を取得するように言われる場合が多いです。
訪問介護事業所では、介護職員初任者研修の資格は必須となっています。
いずれにしても、介護職員として働く場合には、最低でも介護職員初任者研修は必要になってくるでしょう。
その上位資格である、実務者研修介護福祉士は、訪問介護事業所でサービス提供責任者(サ責)をやる場合に必要です。
金額に幅はありますが、上位資格を取得する事で資格手当が付く場合があるので、取得しても損はないでしょう。

ケアマネは介護支援専門員の資格が必要になります。

その他、看護師や理学療法士、医師などは、それぞれの資格が必要になります。

介護業界で資格がなくても働けるのは、介護職員、生活支援スタッフ、調理員(厨房)となります。

施設によっては、施設長も資格がなくても働く事が可能です。
介護の知識よりも、経営の知識があれば、採用される事が多いです。

介護業界で働くならお勧めの求人サイトはこちらから。
介護職の転職におすすめの求人サイト!

働く介護保険サービス選び

働く側も、介護保険サービスを利用する側と同じで、在宅サービス施設サービスに分けられます。

介護職員、看護師、ケアマネはどちらも選べますが、介護職員に関しては訪問介護事業所の場合、実務者研修以上の資格を持ち、サービス提供責任者にならない限りは、正社員として働くのは難しい場合が多いです。
訪問介護事業所でパートとして働くのであれば、介護職員初任者研修の資格だけで可能です。

また、医師薬剤師などが居宅療養管理として働く場合、病院薬局などに勤務し、通常業務の他に療養管理の部門を持っている事が多いです。
高齢者と関わる仕事がしたい場合は、居宅療養管理の部門がある病院や薬局に勤める必要があります。
医師で介護に携わりたい場合は、老健(介護老人保健施設)で勤務する事も可能です。

理学療法士などのリハビリ職は、有料老人ホームなどでは募集が少なく、配置義務のある老健デイケア、在宅では訪問リハビリで働く事が多いです。

生活支援スタッフ調理員は、在宅では仕事がなく、介護施設のみで働く事になります。
グループホームでは、入居者が掃除や洗濯、調理を行う事も多い為、グループホームでの仕事はない場合が多いです。

介護業界、働く介護保険サービス選び

介護業界で働くならお勧めの求人サイトはこちらから。
介護職の転職におすすめの求人サイト!

正社員 or 派遣 or パート or 夜勤専従

介護業界は常に人手不足の為、仕事に困る事はほとんどありません。
また、日中の3~4時間だけでも人手がほしい状況なので、時短や週1日などの勤務が可能の所も多くあり、主婦などでも働きやすい職場です。

収入だけで言えば、介護職員で1番稼げるのは、派遣の夜勤専従ではないでしょうか。
16時間夜勤の場合、1夜勤で最低25,000円の収入になります。

訪問介護事業所は、正社員はサービス提供責任者(サ責)のみの場合が多く、他はパートでの採用がほとんどです。
パートでも時給が1,500円~2,000円と比較的高く設定してありますが、移動時間には時給が発生しない事や、続けてサービスが入る事も多くない為、ロスが多くなります。

看護師や理学療法士なども、パートの募集も多く、介護施設で働く場合は時給も2,500円前後で、時間も日数も自由に決められる点が魅力です。

ケアマネは正社員としての募集が多く、パートとしての募集はほとんどありません
在宅の場合は、家族と時間を合わせたり、緊急の場合の呼び出しなどがある為、正社員が多くなっています。
介護施設の場合は、パートでの募集もある場合があります。

生活支援スタッフの場合は、大手の介護施設でしか募集していない場合が多く、形態もパートでの採用が多くなっています。
生活支援は介護職員が行う場合や、業務委託している事もある為、求人自体少ない傾向が見られます。

調理員(厨房)は、朝食前の早朝勤務や、夕食後の時間帯の勤務となる為、パートでの募集が多く見られます。
グループホームは、介護職員や利用者が調理を行う為に、募集はほぼありません。

医師や薬剤師の居宅療養管理は、通常の病院や薬局の1部門としての勤務となる為、通常の業務体制と同じになります。

介護業界の雇用形態と給料はこちらから。
介護業界の雇用形態と給料

介護業界の稼げる働き方はこちらから。
稼げる働き方

介護業界で働くならお勧めの求人サイトはこちらから。
介護職の転職におすすめの求人サイト!

介護業界の人間関係

介護業界は、チームワーク、多職種の連携が重要にも関わらず、人間関係が悪い所の方が多いです。
介護職員同士、看護師同士などはもちろんの事、介護職員と看護師、介護職員とケアマネなど、多職種間での人間関係も良くはありません。
女性(特に年配)が多い職場である事、人手不足の為に誰でも雇う、多職種を平等に扱わず見下している事などが原因となっています。
介護施設だと、特にずっと同じ施設内で仕事をしている為、特に影響が多く出て来ます。
しかし、全ての職場がそうではないので、転職する際には見極める事が大事です。

もし、今の職場に耐えられない場合は、なるべく早めに転職した方が良いです。
介護業界は、55歳位の方でも正社員になれるチャンスがある職場です。

介護業界で働くならお勧めの求人サイトはこちらから。
介護職の転職におすすめの求人サイト!




給料はどのくらい?

介護職員の場合は、在宅介護施設で給料が違います。
介護施設の場合は、夜勤勤務があるので夜勤手当の分、給料が少し多くなっています。
介護施設でも、民間の施設(有料、サ高住など)と公的施設(特養、老健など)では、公的施設の方が基本給が高く、福利厚生がしっかりしている所が多く見られます。
平均して基本給17万前後、夜勤手当などを入れて22万前後が多くなっています。

看護師は大体30万前後、理学療法士などは大体25万前後、ケアマネは大体23万前後となっています。

生活支援スタッフや調理員(厨房)は、無資格でも仕事が出来る為、大体16万前後になっています。

医師や薬剤師は、病院や薬局勤務となる為、居宅療養管理として働いても給料はほとんど変わりません。

介護業界の雇用形態と給料はこちらから。
介護業界の雇用形態と給料

介護業界の稼げる働き方はこちらから。
稼げる働き方

介護業界で働くならお勧めの求人サイトはこちらから。
介護職の転職におすすめの求人サイト!

介護業界はシフト制

介護施設では、24時間365日休みなく営業している為、日中・夜間を通して職員を配置しなければいけません。
その為にシフト制の勤務となっています。
2交代制3交代制に分かれており、日勤帯は8時間勤務なのは変わりませんが、夜勤が8時間夜勤16時間夜勤に分かれます。
介護職員の正社員は必ず夜勤がありますが、看護師は施設によって夜間は配置していない所もあるので、必ずしも夜勤があるとは限りません。
夜勤がなくオンコールのみ、夜勤もオンコールもないなど、正社員でも施設によって色々選ぶ事が出来ます。
もちろん、夜間配置している介護施設もあるので、夜勤がある介護施設もあります。
訪問介護事業所では、その事務所によりますが、大体6時頃~20時頃の所が多く見られます。

理学療法士やケアマネ、生活支援スタッフなどは、必ず土日休みではなくても、日勤のみの勤務になります。
在宅のケアマネは、家族と時間を合わせる必要があったり、緊急時の呼び出しなどがある為に、勤務時間はあってないようなものです。

調理員(厨房)は、朝食前の早朝勤務と夕食後の勤務がある為、大体6時頃~20時頃までの中で、早番、遅番とシフトが組まれます。

老健の医師の場合、当直がなく日勤のみの場合が多いです。

介護業界のシフトはこちらから。
介護業界はシフト制

介護業界で働くならお勧めの求人サイトはこちらから。
介護職の転職におすすめの求人サイト!

利用者からの暴言・暴力

ほとんどニュースにもならないですが、職員が利用者から受ける暴言や暴力行為は日常茶飯事です。
特に認知症の方からの暴言・暴力は酷いものです。
認知症の方なら、認知症の症状によるものもあるので、仕方ないと言われれば仕方ないですが、やられている職員からしてみると、決して気持ちのいいものではありません。
状況によっては命がけの場合もあります。

しかし、意外と多いのが、認知症ではない方からの暴言や暴力です。
更にセクハラ行為がある事も多いです。
必ずしも職員側に問題がないとも言い切れない場合もありますが、介護施設の場合は集団生活であるにも関わらず、自分を優先してほしい、在宅サービスの場合は出来ないサービスがあるにも関わらず、家政婦や奴隷のような扱いをして何でもやってもらおうと思い、自分の思い通りにならないとキレる、という方が非常に多いです。

セクハラは、男性から女性というイメージがありますが、意外と女性から男性へのセクハラも多いです。
言葉によるセクハラももちろんありますが、体を触ってきたリ、抱き着いてきたリする事も多いです。

もちろん、高齢者の全員がそうではありません。
しかし、職員として関わった事のある利用者の最低3割程度くらいは、このような方がいます。

介護業界で今すぐ転職したい場合はこちらから。
介護職の転職におすすめの求人サイト!

利用者への暴言・暴力

職員が利用者に対して、暴言や暴力を振るう事は、もちろん絶対ダメな事です。

しかし、現場で働いている職員からすると、ニュースなどで暴力などの事件が報じられると、「分かる気がするけど…」と思う方は多いのではないでしょうか。
介護業界で働いている人、特に利用者に接する時間が多い介護職員のほとんどは、1度は利用者に対してキレそうになったのを抑えた経験があると思います。

日常的に上記に書いたように、利用者から暴言や暴力を受けていると、職員のストレスも溜まるものです。

よく原因として給料の安さ、人間関係の悪さなどと言われる事がありますが、それが原因である事がほとんどありません。
原因のほとんどは利用者側にあるのです。
だからと言って、暴言や暴力を受けた利用者の自業自得だと言うつもりはありません。

仕事であろうと、お互い人間であり、人を人だとして扱うだけでも変わると思います。

介護業界で今すぐ転職したい場合はこちらから。
介護職の転職におすすめの求人サイト!