自分が高齢になってきた時、親が高齢になってきた時。

そろそろ介護という言葉がちらついてきます。
特に40歳になり、介護保険の徴収が始まった時。
より介護が身近に感じるのではないでしょうか。

しかし、今まで介護とは無縁の生活をしていると、ざっくりと介護というのが分かっていても、「そもそも介護って具体的に何?どういう事?」と思うのではないでしょうか。

介護が必要になれば介護保険が利用出来る」と分かっていたとしても、「そもそも介護が必要ってどういう状態??」と思ってしまいます。
その「介護が必要」と判断するのはどのような時なのか。
要支援や要介護、介護保険サービスなどという言葉は聞いた事があっても、詳しくは何の事なのか分からないという方も多いと思います。
また、「介護=介護施設」というイメージがある事も多いですが、在宅(家)で受ける事の出来る介護保険サービスもあるので、介護保険サービスの種類などを知る事も大切です。


もくじ


どういう状態なら介護が必要と判断する??

介護業界での介護が必要とは、「介護保険サービスが利用出来る」という状態を言います。

介護保険サービスを利用するには、介護認定が下りていなければ利用出来ません。
つまり、第三者から見て「介護が必要」と判断されれば、介護が必要な状態と言えるのです。

まず年齢で判断するなら、「65歳になった時」です。
病気の有無に関係なく、介護保険サービスを利用出来るのが65歳になった時です。
じゃあ65歳になったら高齢者じゃんと思いますが、元気な方は非常に多いです。
介護施設に入居している方で、100歳の方も何人かいますが、杖はついているものの元気に歩いている方もいます。
なので、「65歳になったらいつでも介護保険が使える」という安心の一つかもしれません。

更に介護保険を支払い始める40歳から64歳の方でも、特定疾患があれば介護保険サービスが利用出来ます。
何らかの病気があり、日常生活で困る事があれば、「介護が必要」と判断される可能性が高いです。

しかし、年齢や病気だけで「介護が必要」と判断されるわけではないので注意が必要です。
例えば、認知症の初期症状が見られた時、日常生活で今までやっていた事が難しくなった時、立ち上がりや歩行が不安定になった時など、日常生活において困難な事が出て来たら「介護が必要」と判断される事が多いです。

詳しくは、「介護が必要」と思う時はどんな時?

どういう時にどういう介護保険サービスが受けられる?

介護保険サービスを受ける場合、介護認定が下りている必要があります。

介護認定が下りていれば、ケアマネ(介護支援専門員・ケアマネジャー)と相談し、ケアプランを作ってもらう事で介護保険サービスを利用する事が出来ます。

介護保険サービスには、大きく分けて施設サービス在宅サービスの2種類があります。
基本的に困っている事に対してサービスが提供されます。
一人暮らしで不安があれば施設サービス、いわゆる寝たきりなどで家族が介護するのが難しい場合は施設サービス。
自宅で暮らしたいが料理や掃除が難しい場合は在宅サービス、などそれぞれの用途に応じて、必要な介護保険サービスを利用出来ます。

介護保険サービスには膨大な種類があるので、自分にはどのサービスが合っているのか分からなくて当然です。
そこでケアマネに相談する事で、どの介護保険サービスが最適なのか提案してくれます。

詳しくは、どういう時に、どういう介護保険サービス?



介護保険サービスはどうやって利用するの?

介護保険サービスは、介護報酬と深く関わって来るのでケアプランがないと利用出来ません

介護が必要な方が、適切な介護保険サービスを適切な分だけちゃんと利用出来るように、ケアプランに沿った介護保険サービスが提供される為です。
ケアプランとは、何の目的の為に何の介護保険サービスをどのくらいの頻度で利用するか、という事が記入されたカレンダーのような物です。

このケアプランは、自分で作る事も出来ますが、かなり複雑になってきます。
ケアプランを作るだけでなく、ケアプランに沿った介護保険サービスを利用し、それに応じた介護報酬を請求しなければならないからです。
そこで、このケアプランを作るプロが、ケアマネ(介護支援専門員・ケアマネジャー)です。
このケアマネに依頼する事で、ケアプランを作ってもらう事が出来ます。

ケアマネにケアプランを依頼する事によって、担当のケアマネがつき、介護保険サービスの提案、サービス事業所の紹介、介護保険サービスの日程調整、介護保険サービスの見学・契約など、全てを代行してくれます。
これらが全て終われば、晴れて介護保険サービスが利用出来るのです。

介護保険サービスを利用するには、通常の利用料金の1~3割の自己負担額で利用出来ます。
収入によって自己負担額が1割・2割・3割と違いがありますが、通常3,000円のサービスなら、300円(1割負担なら)支払うだけで利用する事が出来ます。

「介護が必要」と判断されなくても利用出来るサービス

介護が必要と判断されなかった、つまり介護認定が下りなかった方でも、やっぱり掃除や買い物など誰かに頼みたい事もあります。
子供が小さくて育児が大変だったり、仕事が忙しい若い世代でも、「誰か家事とかやってくれないかな…」と思う事は多いです。
その様な時でも利用出来るのが、「家事代行」または「介護保険外サービス」と謳われているものです。
もちろん、介護保険を利用しないサービスなので、若い世代から高齢者まで、全ての方が利用出来ます。
介護保険サービスを利用している方でも、利用の上限が来てしまった、介護保険サービス以外のサービスを利用したいなどといった理由で、利用している方も多いです。
ただ、介護保険サービスと違い、全額自己負担になるので介護保険サービスよりは高価に感じてしまうかもしれません。
この「家事代行」「介護保険外サービス」は、基本的に在宅(家)でのサービスですが、自宅で生活するには不安がある方は、施設のサービスも利用する事が出来ます。
特養(特別養護老人ホーム)などは入居条件が要介護3以上となっているので利用出来ないですが、有料老人ホームや高齢者専用住宅などは、介護認定が下りていなくても(自立の方)入居する事が出来ます。

家事代行、介護保険外サービスおすすめ一覧!

介護施設を探すなら、おすすめのサービス一覧!