介護認定が下りていれば、いよいよ介護保険サービスを利用する事が出来ます。
介護申請を出した時点で、在宅にするのか、介護施設にするのかは大体決まっているとは思いますが、それぞれのメリットやデメリット、かかる費用などを見直してみると、やっぱり介護施設の方がいいかも?在宅でも何とかなるかも?と思う事もあるので、しっかりとそれぞれを比較する事が大切です。

在宅か介護施設かが決まったら、介護保険サービス事業所を選び、介護施設見学をしっかり行い、介護保険サービスを快適に利用しましょう。


もくじ


在宅サービスか、介護施設サービスかを選ぶ

介護保険サービスを利用している方に多く見られるのは、介護度が低い(要支援)のうちは自宅で在宅サービスを利用しながら生活する、介護度が高い(要介護)の方は介護施設へ入居し生活している事です。

介護度が低いうちは、自分で出来る事もまだまだ多く、やっぱりいつまでも自宅で暮らしたいという思いから、自宅で在宅サービスを利用しながらの生活を選ぶ方が多いです。
しかし、介護認定が下りていない方、いわゆる自立の方でも、有料老人ホームなどの介護施設へ入居している方もいます。
万が一、何かあった時に心配、常に誰かいる所の方が安心という方が、自立のうちから介護施設を選び入居しています。
自立の方や、介護度が低い(要支援)方が多い介護施設では、入居者同士仲良くなり、一緒に外出したり、共通の趣味を楽しんでいる方も多いです。

逆に介護度が高い(要介護)方は、一人で自宅にいるのが心配、家族が仕事で日中いない為、介護が出来ないという理由で、介護施設へ入居する事が多いです。
他にも、認知症で徘徊、暴力、暴言が酷くて手に負えない、介護疲れ、といった理由で入居する方も多いので、そのような理由でも、罪悪感などを持たず相談する事をお勧めします。
介護職員はそのような状態は慣れていますし、プロに任せた方が落ち着く場合も多く見られます。
また費用の面でも、介護度が高い方が自宅で在宅サービスを利用すると、利用金額の上限を超えやすい為、高額になってしまう事もあります。
介護施設なら食費や居住費はかかるものの、介護保険サービスの費用は定額で利用出来ます。

詳しくは、介護は家でする??それとも介護施設??

高齢者家族にも知っていてもらいたい、高齢者の暴言・暴力の実態はこちらから。
利用者(高齢者)からの暴言・暴力

在宅サービス、介護施設サービスのメリット、デメリット

在宅サービスメリットは、何よりも住み慣れた自宅で暮らせる事です。
デメリットは、日常最低限のサービスしか行われず、娯楽などのサービスがない事です。
また、家族の協力がある事を前提としてサービスが決められるので、家族の協力が不可欠である事です。

介護施設サービスメリットは、レクリエーションなどの娯楽があり、常時介護職員がいるので安心な事です。
デメリットは、タイムスケジュールが決まっているので、自由がないように感じてしまいます。
集団生活である為に、周りの人と合わせる事が必要だったり、プライバシーがないように感じる事です。

それぞれにかかる費用の比較

在宅サービスの場合、今までかかっている食費や雑費などの費用にプラスして、介護保険サービスを利用した金額がかかってきます。

介護施設サービスの場合、入居する前に入居金を払う必要があります。
無料の所から、何千万という所まで幅が広くなっています。
毎月かかる金額としては、居住費(家賃のようなもの)、食費施設運営費上乗せ介護費介護保険サービス自己負担額がかかってきます。
他にも、日用品(歯ブラシなど)、介護保険外サービス(レクリエーション費用、理美容代など)などが必要に応じてかかってきます。

介護保険サービス事業所選び

介護保険サービスを利用しようと思ったら、在宅の場合は訪問介護事業所や訪問看護事業所、介護施設へ入居する場合は、介護施設を探さなければいけません。

在宅サービスを利用する場合、訪問介護事業所などは会社ホームページなどを持っていない場合が多く、探しにくい傾向があります。
市区町村の窓口で、介護保険サービス事業所の一覧をもらえる場合が多いので、その中から選ぶ事も出来ます。
また、ケアマネに頼んで探してもらう事も可能です。

介護施設の場合、会社ホームページを持っている所が多いので、ネットで探すか、介護施設を探し資料を一括請求出来るサイトもあるので、それを利用するのがお勧めです。
施設見学や契約、空き状況など、色々手配してくれる所もあります。

何を目的に介護保険サービスを利用したいか、立地、介護施設の場合は居住費や入居金などの費用も考えて選びましょう。

介護施設を探すのに便利なサービスはこちらから。
介護施設を探すなら、おすすめのサービス一覧!




介護施設見学

在宅サービスの場合、訪問介護事業所など自宅へ訪問してサービスを提供するものに関しては見学は出来ませんが、介護保険サービス事業所へ連絡し、自宅が対象の地域内であるか、利用したい日時が可能であるかなどを確認する必要があります。
在宅サービスの場合は、ケアプランを作成するケアマネが、全て行ってくれる場合がほとんどなので、ケアマネに相談しましょう。
在宅サービスでも、デイサービスやショートステイなどは、事前に見学する事が可能です。

介護施設へ入居する場合は、最期の時まで毎日暮らす所なので、必ず見学しましょう。
まず、ネットなどで予算、立地などを考えながら、何か所か介護施設を選びましょう。
大体5か所程度選び、複数の施設を比較する事が大切です。
ネットの情報だけでなく、資料請求をしてネットの情報と一致しているか確かめる事も大事です。
資料を見て何か所か選んだら、実際に見学してみましょう。
実際に見学する時も、複数の介護施設を見学し、比較する事が大事です。
資料請求から見学予約まで、全て利用出来るサイトもあるので、活用すると便利です。
見学する際に準備する事、見学する時に見るべきポイントなど、実際に現場で働く介護職員の目線で説明しているので、参考にしてみて下さい。

ヘルパー目線で見る、施設見学ポイント準備編

施設見学ポイント!!介護施設・建物編

施設見学ポイント!!介護施設・人員編

介護施設を探すのに便利なサービスはこちらから。
介護施設を探すなら、おすすめのサービス一覧!

介護保険サービス契約

利用したい介護保険サービスが決まったら、いよいよ契約です。

在宅サービスの場合、再度訪問する日時利用するサービス内容を確認して契約しましょう。
在宅サービスの場合は、様々なサービスを組み合わせて利用する事が多いので、利用上限を超えていないか日時が被っていないかなど、ケアマネと確認しましょう。

介護施設の場合、入居金や月額利用料の他に、入居条件退去要件受け入れ態勢などの他、保証人の責任範囲保全措置が取られているかなど、細かくチェックしてから契約しましょう。

介護保険サービス利用

契約が終わったら、いよいよサービスを利用します。

在宅サービスの場合、初回サービス利用時に、掃除であればどこの場所をやるのか、道具は何を使用しどこに収納されているのか、どのような手順でやるのかなど、細かく確認していきます。

介護施設デイサービスを利用する場合は、持ち物などの確認をしっかり行って下さい。
初回サービス利用時に、施設内の案内、タイムスケジュールなどを一緒に確認します。

介護保険サービスを利用する際の心構え

在宅サービスを利用する場合、初めに行う事の出来ないサービスの説明をしているはずですが、実際にサービスに入っていると、行う事の出来ないサービスを強要してくる方も多いです。
介護職員は家政婦でも奴隷でもなく、介護を目的としてサービスを行っているので、それを理解してサービスを利用しましょう。

介護施設で多く見られるのは、集団生活だと理解していない方です。
入居者1人に介護職員が1人つくわけではないので、どうしても順番待ちが発生してきます。
言われてすぐ対応出来ない場合も多いので、それを理解して生活する事が大切です。

高齢者家族にも知っていてもらいたい、高齢者の暴言・暴力の実態はこちらから。
利用者(高齢者)からの暴言・暴力

利用中の注意事項

在宅サービスの場合、デイサービスやショートステイなどでも、合わなかった場合は変更する事が可能です。
ケアマネとも相性が悪ければ、変更してもらう事が可能です。
在宅サービスの場合、サービスを提供する場所以外の所に入るのは禁止されているので、もしそのような事が見られたら変更する事をお勧めします。

介護施設の場合、なかなか住み替えが難しいので、見学時にしっかり見ておきましょう

また、介護度が上がった場合は、サービスを追加出来るので、介護認定の更新のたびに見直しが必要です。