チャイルドカウンセラーとは、不登校や校内暴力など学内での様々な問題行動に対応する為の資格です。

子供たちの問題行動などの対応に求められる、専門的な心理学の知識や支援が求められます。

チャイルドカウンセラーの講座を修了した後の受験で、取得する事が出来ます。

受験資格は??

日本能力開発推進協会指定の講座を受講し、修了する事で資格を取得する事が出来ます。

試験は??

講座終了後に、随時自宅で受験する事が出来ます。

講座終了後に、協会へ検定試験の申し込みをし、受験料を支払うと、試験問題が自宅に届きます。

正答率70%以上が合格になり、結果は答案受付後の約1か月で自宅に届きます。


講座を修了する事で受験資格が得られ、自宅で受験する事が出来るので、比較的チャレンジしやすい資格と言えます。

近年は、子育てや子供との関わり方などの問題が増大しているので、これから必要とされる資格の1つだと言えます。