心理判定員は、国家資格や民間資格ではありません。

地方公務員試験に受かって、心理関係の仕事に配属されて認められる資格です。

資格取得の為に学ぶのではなく、地方公務員試験に受かるような勉強が必要です。


心理判定員は、虐待や非行、発達上の問題などを、児童や保護者などからの相談に応じます。

診断面接や心理検査観察などによって、診断を行います。

その診断結果から、医師や児童福祉司などの専門職員と連携を取り、調査、心理療法、カウンセリングなど行い解決していきます。


心理判定員は、児童相談所や身体障がい者更生相談所などが職場となります。

他にも肢体不自由児更生施設、重症心身障がい児施設などがあります。

子供や障がい者などの自立を支援していく仕事になります。


心理判定員の専門分野は、一般心理学(心理学史、発達心理学、社会心理学など)、教育心理学、応用心理学、社会調査、統計学などです。

公務員試験と合わせて、上記なような分野を履修している事が、採用の近道になるかもしれません。

仕事内容として、検査やレクリエーション、クラブ活動などを通じて、集団療法や個別療法などを行います。

地方公務員としての仕事なので、就職はもちろん、給料などの待遇面でも安定しています。